大手パーソナルジムより地域に密着しているジムの方が良い理由

更新日:10月8日


どうも、神楽坂・早稲田の貸切パーソナルジム GAIN で代表をしている絶対ダイエット請負人の上地裕作です。今回は、『大手パーソナルジムより地域に密着しているジムの方が良い理由』について書いていきたいと思います。


地域に密着しているジムは、色々な地域で幅広く展開している大手のジムとは違い、料金的に安い傾向があります。また、大手のように宣伝広告費をかけていないこともあり、その分利用される方に還元されている感じです。一方で、地域密着のジムの場合デメリットもあります。


そこで今回は、地域密着型のジムに見られるメリット・デメリットを解説した上で、なぜ大手パーソナルジムよりも良いのかという理由について解説していきたと思います。

NO PAIN NO GAIN!!


地域密着ジムのメリット・デメリット

地域密着型のジムは、大手のパーソナルジムなどでパーソナルトレーナーとして指導の経験を積んだ後に独立を果たしたトレーナーが開業したジムが多いです。そのため、個人経営のパーソナルジムが多いといえます。


大手ジムの場合、ジムが決めた指導方針に沿って指導が行われます。例えばジムとして用意するマシンなんかは、トレーナーの権限では変更することなんてできないでしょう。自分の理想とする指導に必要なマシンがないので、ジムの方針に従った指導しかできないというわけです。


また、セッション時間も例えば45分がいいと思っていても、ジム方針では80分になっていたり、逆に30分になっていたりなんてこともあるでしょう。ダイエットジムであれば食事指導もセットされていたりしますが、そちらもジムの方針に合わせた食事指導を行う必要があります。勝手に自分の理想とする指導ができないのです。


トレーナーとしてのサポート経験を積んでいくなか、利用者に寄り添いもっと効果的な指導がしたいという思いが強くなってくることで、独立を考えるようになってきます。そのように考えるトレーナーが、ボディメイクに関する高い知識であったり、指導のスキルを身につけ、準備を進め独立するのです。


そのようなことから、地域密着で運営しているパーソナルジムでは、経験の少ないトレーナーからのマニュアルに沿ったような指導ではなく、豊富な経験を積んでいるベテラントレーナーから濃い内容の指導が受けられるといえます。


このようなことから、地域密着ジムと大手には明確に違いがあるのです。利用する前に大手との違いを意識しておけば、利用後にジム選びを失敗したと考えなくて済みます。


地域密着ジムのメリット

メリットについてですが、ほぼ確実に大手ジムよりも利用料金が安いことがあげられます。ジムによっては大手ジムの半額以下で利用できるジムもあったりします。


これには理由があるのですが、なんといっても余分な経費がかかっていないことが挙げられます。施設に対する費用の場合、大手であれば、統一したデザインによる内外装の工事があったり、顧客満足度を上げるために、余分な設備投資を行ったりするケースがあります。ですが、地域密着のジムの場合、そのような内外装にかける費用というのは不要であり、極端なジムであれば、マンション一室をトレーニングで利用できるようにしているだけということも。質実剛健なんですね。


次に宣伝広告費もそうです。大手ではテレビや雑誌、電車の宙吊り広告など、宣伝や広告にお金をかけているケースがあります。ですが、地域密着ジムの場合は、そのようなところにお金をかけていないことがあげられます。


その為、その分利用料金を安く抑えたうえで、パーソナルトレーニングの提供も受けることができるようになっているのです。




私どものGAINも同様ですが、江戸川橋に会員向けに無料開放しているセルフトレーニング用の別館を構えています。無料で利用者の方に開放できるのは、やはり余分な経費が掛かっていないからなのです。


地域密着ジムのデメリット

一方で大手と比較した場合のデメリットも存在します。


まずトレーナーと相性が合わないからといっても変更することができません。ここ実は重要なところです。特にパーソナルトレーニングでは、トレーナーとの相性は本当に結果を左右する重要なポイントになります。


相性は口コミなどでわかるものでなく、別の利用者にとってはいいトレーナーだったとしても、あなたには全然よくないトレーナーだったという場合もあります。大手であれば、別のトレーナーに変更してもらうこともできますが、それができないのがデメリットだといえます。


また、大手と違って実際に利用している人の口コミが探しづらいというデメリットもあります。契約前の無料体験などでフィーリングを掴むことはできるかもしれませんが、無料体験当日の契約であれば入会金無料などのキャンペーンがあれば、事前に利用者の口コミがあれば、契約の判断材料の強い味方になるわけです。その口コミが探しづらいというのが大きなデメリットなのです。


とはいえ、内容の濃いトレーニングを大手ジムの相場よりも安く利用できるという点からも地域密着型のジムの方が良いということが分かっていただけたかと思います。


地域密着のジムはこのような人におすすめ



地域密着型のジムのメリット・デメリットを解説しましたが、結果的に大手のジムと比較した場合に次のような人に地域密着のジムはおすすめだといえます。


設備や内装の充実さや派手さがなくても、安くて効果が出ればいいという人

経験豊富で実力のあるトレーナーに、マンツーマンで指導してもらいたいという人

サバサバしたジムではなく、気軽に相談もできるようなトレーナーの指導を受けたい人


このように、ジムの見た目などよりも、実際の中身に重点を置きたいという方には、地域に密着して運営しているようなジムがいいでしょう。ただ、大手だからと言って宣伝広告費や内外装にお金をかけていないというジムもありますし、地域に密着したジムだったからと言っても、内外装に力を入れているようなジムもあるわけです。なので、無料体験や限られた口コミなども調べてみて、自分が納得するジムを選ぶようにしてみましょう。