人の見た目は『筋肉』と『脂肪』の量とその割合で決まる

更新日:8月24日

この記事は、人の見た目は『筋肉』と『脂肪』の量とその割合で決まるということについて解説する記事です。


人間の身体の作りを理解する

身体のボディメイクを行う場合、身体の造りを理解しておくことはとても重要です。というのも、この造りを理解していないとあなたの行うボディメイクは全く意味のないものになる場合があるのです。


人間の身体の造りは実はとてもシンプル。『』という土台に『筋肉』と『脂肪』が付くことによって造形されているだけなのです。当然ながら骨格は人によって違いますので、筋肉や脂肪の付き方についても人それぞれ。100人が100人同じ体型にはならないのです。


言い方を変えれば、スタイルというものは、筋肉と脂肪の量と割合でしかないということ。つまり、太いとか細いといった外見も、見栄えが良いか悪いかということも、筋肉と脂肪の量と割合、つまりそれらの骨格に対するバランスによって決まってくるのです。そのため、ダイエットをしてスタイルの良い身体を作りたいという場合、大切なことは筋肉と脂肪のバランスを整えることになります。なので、どのようなスタイルになりたいのかをしっかりイメージしないことには、理想の身体造りはできないのです。


このことからも、身体の造りが筋肉と脂肪のバランスであるということを理解しおくことが重要になるのです。


ダイエットの本来の意味

痩せたいと思うと一番に頭をよぎるのはダイエットだと思います。ダイエットはテレビや雑誌、会社の同僚が口にする話題など、耳を澄ましたり目を凝らして見渡したりすれば、必ずどこかで触れられる言葉です。


このダイエットの本来の意味、知っていますか?ダイエットという言葉はそもそも英語です。和訳すれば『日常的な食事や食べ物のこと』を表しています。ボディメイクをサポートする筆者は、このダイエットという言葉が実はあまり好きではありません。ダイエットの一般的なイメージが『食生活の改善』のみを指す言葉だからです。


当然ですが、食生活の改善を行えば体重は減らせられます。ですが、それだけで理想の身体に近づくことは100%不可能なのです。理想の身体をメイクする過程には、運動(主に筋トレ)は不可欠の要素であることを覚えておきましょう。


正直な話、少しばかりご飯をたべないといった楽した方法で体が変わるほどボディメイクは甘くありません。


何のためにダイエットをするのか

太ってきたからダイエットを始めよう。好きな人に振り向いてほしいから痩せられるようにダイエットしよう。ダイエットを始める理由は人それぞれだと思います。そのダイエットの方法についても、食事を抜けば痩せられるという思い込みや、ご飯やパンを食べなければ太らなくなるという思い込みから、食事をコントロールするというのでもなく、無理して食事をとらないという方向に走ってしまう人が多くいらっしゃいます。


そもそも何のためにダイエットするのかを考えてから行動する必要があります。ここで何の為のダイエットかということを意識しておかなければ、このダイエットは失敗に終わってしまいます。『目標は〇〇Kg』といったように、目的が体重を減らすことになってしまっていないでしょうか。『〇〇Kgあるから太っている』というように体重の数字だけで追いかけていると、体重を減らすことだけに注力してしまい、見かけやスタイルは不健康そのもののような痩せ方をしてしまいます。食事制限だけでは全く体重が減らないのに、余計太ってしまったなんてこともありえるのです。


もう一度言いますが、ダイエットは何のためにするのかという目的をハッキリさせておく必要があります。なぜなら、モテたいにしても、太っておなか出てきたからひっこめたいにしても、食事を見直すだけのダイエットでは、最初に頭に描いた目的を達成することが全然できないからです。


冒頭でも解説したように、身体の見た目というのは、筋肉と脂肪の量と割合によって全く変わってきます。その為、無理な食事制限をしてしまうと、筋肉量が減り脂肪の割合が増えてしまいます。結果的には見栄えが非常に悪くなってしまうのです。見栄えを良くするには、これ以上余分な脂肪をつけないために食事をコントロールする必要があります。ですが、食事をコントロールしても筋肉がつくわけではありませんし、食事コントロールを誤れば筋肉は衰え減少してしまうのです。


大事なことは、食事制限だけでダイエットしようと思った目的は果たせないということ。例えば粘土で人体模型を作るのをイメージしてみてください。用意する粘土の量で作ることのできる形やサイズが変わってきます。それと同じで、食事は身体造りに必要な材料を用意することであり、見た目を整えるのは用意された材料をもとに作り込む必要があるわけです。つまり、筋肉を鍛え、脂肪を減らしていくということがボディメイクであり、ダイエットを始めたいと思った当初の目的を達成するための方法なのです。


ダイエットはやめてボディメイクを

ダイエットは何のために行うかを考えてもらいましたが、それが理解できればただ食事を抜いたりするだけの辛いイメージを食事制限は不要だと思いませんか。それよりも前向きでカッコいいフレーズのボディメイクに意識を変えてみましょう。意味合いは大して変わりませんが、自分の身体を理想に近づけるための作業なので、モチベーションも大きく変わってきます。


ただ体重の数字が減り痩せればいい、余分な脂肪が落ちればいいと考えるダイエットよりも、脂肪を落として理想の体を作り上げるボディメイクに意識を切り替えてみましょう。


本当に自分を変えたいならライフスタイルから改善しよう

『たっぷり脂肪が乗って張り出したお腹、体重と体脂肪率に愕然』

この原因は何だと思いますか?


そう、そのくたびれ倒したライフスタイルなのです。現状のくたびれ倒したライフスタイルを少しずつ見直し、改善していくことで、身体は引き締まった活動的な身体に生まれ変わり、体重も体脂肪量に見合って軽くなっていきます。つまり、ライフスタイルの改善をする必要があるのです。


不摂生な方の言い分は大抵こうです。


『運動する時間がない』

『付き合いがあるから食事制限は無理』

『コンビニに行くとついスイーツに手を伸ばしてしまう』


本当に運動する時間はありませんか?

本当に付き合いは断れないのでしょうか?


実は、1日5分でも運動すれば筋肉はしっかり反応してくれます。週5の飲み会を週3にすることで、1週間の総カロリーは相当落ちます。また、付き合いで食事に行ったとしても、その内容を改善するといいのです。例えば、唐揚げを辞めて枝豆にするとか、ビールを辞めてハイボールにするなどのちょっとした工夫です。


このちょっとだけ意識部分をマイナーチェンジすることで、生活習慣が自然と改善されていきます。少しの変革は小さな成功を産みます。まずは小さな成功を成し遂げましょう。


仕事が忙しく毎日残業しているからなら30分早く起きて出社する。付き合いで会食、外食が多いという方であれば、油物を控え枝豆や漬物に変更する。ファーストフードが大好きな方であれば、定食屋さんに足を運ぶようにする。エスカレーターを普段から使うという方なら階段で上り下りをする。毎晩酒を飲んでしまうという方は、週2回に減らす。運動する時間がないという方なら、一日5分で良いので簡単な運動を始めてみる。睡眠時間が少ないという方は、帰宅後にすぐ入浴しスマホの電源は切ってしまう。これだけの些細なライフスタイルの改善でも体は驚くほどに変化を起こします。


その中で、身体作りをしているんだという意識を必ず持つことが大切です。一杯のラーメンが今日取り組んだ筋トレを全て無に帰してしまうと想像できれば、ラーメンをやめてサラダチキンに切り替えることも楽しみの一つになります。


今回は身体の造りは筋肉と脂肪で出来ているということについて解説しました。見た目を改善したい方なら、ダイエットではなくボディメイクをするという意識を持つようにしましょう。その中で、人の身体は食べたもので出来ていることを忘れずにボディメイクに必要な材料を用意するイメージで食事をコントロールすると結果は出てきます。


本日も良いフィットネスで身体をボディメイク!!


GAIN 代表 上地裕作