かっこいいカラダ作りの大原則は目標設定から


ダイエット、ボディメイクのお役立ち情報を新宿区神楽坂パーソナルジムのプロトレーナーが発信しています


ダイエットのためにトレーニングを始める方は、目標設定が大切になります。目標設定はカラダ作りの大原則だからです。自宅で一人ダイエットを始める方の場合、この部分をないがしろにして漠然とダイエットを始めてしまう方がいらっしゃいますが、それではトレーニングの効果は期待できません。目標を持たないトレーニングは、間違った方法でトレーニングを行うよりも効果が出にくいのです。

今回は、カラダ作りの大原則である目標設定について解説します。



トレーニングを始める前に目標を明確化しよう

目標は出来る限り目で見える形にしましょう。体重を何kgまで落とし、体脂肪をどの程度落としたいかという数値的な目標が必要です。カラダのどこの部分の脂肪を落としどの部分に筋肉をつけていきたいのかというビジュアル面の目標も、具体的にイメージすることが必要でしょう。

この目標設定が曖昧だったり、全く設定せずにトレーニングをはじめてしまったりすると失敗につながってしまいます。痩せたいという思いが強い場合、色々なトレーニングをしても結果を急ぎすぎてしまい、気持ちに対して体重が中々減らないことからモチベーションを維持できず、投げ出してしまったりしてしまうのです。

トレーニング目標を事前に定めることで、目先の小さな目標を作ることができます。短期的な目標に対し繰り返し結果を出していくことできるので、モチベーションを維持できます。結果を出すためには具体的なイメージを持つことが大切なのです。


急がば回れ!カラダ作りは焦るべからず

ダイエットでトレーニングをするのは、運動量を増やし消費カロリーを増やすこととともに筋肉表を増やし基礎代謝を高めることが目的になります。ここで目標設定をしておくことで、トレーニングを焦らずに行っていくことができます。

考えておかなければいけないのが、トレーニングの内容です。体脂肪を減らすためのトレーニングと、筋肉量を増やすためのトレーニングでは内容が違います。カラダの内部で脂肪燃焼させるメカニズムと筋肉を付けるメカニズムは違い、お互いの邪魔をしてしまうことから両方のトレーニングを同時に行っても効果が出にくくなるのです。

例えば、ダイエットで体重を落としたいというときに食事量を落として摂取カロリーを減らし、筋トレとジョギングでトレーニングを行ったとします。この場合、摂取カロリーが低いことから体は必要な分のエネルギーを補うために脂肪だけでなく筋肉までも分解してしまいます。一方筋トレはその現象する脂肪を食い止める役割を果たすものの、筋肉を付ける材料が欠乏してしまうことから、筋肉は想定以上に付きにくくなるのです。

これを回避できるのが一定期間で交互にトレーニングを変える方法です。そうすることで、筋肉量の増加と体脂肪の減少をよりはっきりと体感することができるのです。


ダイエットでのカラダ作りは目標設定を行って進めて行こう

ダイエットでカラダ作りを行うときには目標設定が大事であることを解説しました。漠然とトレーニングを行っていても結果は出にくくなりますので、目標設定は確実に行うようにしましょう。そして、その目標にマイルストーンを設け、細かく分けた短期目標をクリアしていくようにすることで、各自に目標達成に向けて進んでいくことができます。

一方でダイエットジムを活用することで、パーソナルトレーナーが目標設定からどのようなプランでトレーニングを行えば最適にカラダ作りができるかをプランニングしてくれます。これまでの指導経験からも、個人にあった最適な計画を練ることができますので、自分一人でトレーニングをするよりも結果が出やすくなります。ですが、どのような方法をとったとしても目標設定がダイエット成功の大前提になるのです。

理想のカラダを手に入れるためにも、焦らず目の前の目標をクリアするようにしていきましょう。


新宿区神楽坂パーソナルジムGAINにお任せください。

適切なトレーニングはもちろん、食事のアドバイスも専門の知識と経験から的確に指導いたします。