お腹を凹ませるために見直したい3つの生活習慣


お腹(腹筋)を凹ませるために見直したい3つの生活習慣



上地 裕作 ・パーソナルジムGAIN 代表 ・JBBF 2018関東メンズフィジーク選手権 準優勝 ・ベストボディ・ジャパン2017東京オープン大会 ミドルクラス グランプリ受賞 ・得意分野 ボディメイク、ダイエット











お腹を凹ませたいなと思っている方で、ふと普段着ている服がきつくなったと感じたり、服の丈が短く以前より背中が出るなと感じたりしたことはないでしょうか。そのように感じたのであれば、おそらく普段から体重計には乗っていないのではないかと思います。 自分の体重を数値的に観察していれば、服がきつくなったと思う以前に数値から太ってきていることが判断できるからです。

太る生活をしている人の中には体重計に乗る生活習慣がなく、そもそも自分の身体に興味がないためいざ太ってしまってから痩せたいと悩んでしまう人がいます。 ですが、悩んでも身体は勝手には痩せてくれません。 痩せるためにはまず原因を考えるべきです。原因を理解すれば、対処を講じることができるからです。

太る原因は、一部病気がもとになっている方もいらっしゃいますが、そのほとんどは生活習慣がきっかけになっています。 生活習慣を見直せば、お腹を凹ますことができるのです。今回は、お腹を凹ますために見直したい3つの生活習慣について解説します。



睡眠はきちんととれていますか

1つめの生活習慣は睡眠です。忙しくて中々睡眠時間が確保できないという方もいるかもしれませんが、出来る限り睡眠時間は確保するようにしましょう。これは短い睡眠時間が習慣化されれば過食傾向が強くなり、太りやすくなってしまうからです。

睡眠時間は食欲刺激ホルモンの分泌に影響し、睡眠時間が短ければ短いほど、食欲刺激ホルモンの分泌量が上昇します。そのため、短時間睡眠の人ほど肥満になりやすくお腹も出やすいというわけです。 また、睡眠時間が短ければ内臓をゆっくりと休ませる時間が保てません。体は疲れたら動きが悪くなりますが、内臓でも例外ではありません。疲れを貯めこめば、脂肪の代謝や老廃物の排出も悪くなるのです。このようなことからも、睡眠時間はしっかりと確保できるようにしましょう。


日常動作も意識しよう

2つめの生活習慣は日常動作です。日常動作はキビキビ動くようにしましょう。 おそらく、家の掃除やちょっとした買い物に散歩がてら出かけるようなときでも、動きはダラダラとしていないでしょうか。 太ってお腹が出てしまっている人は、お腹が出ていない人よりも足腰に負担がかかり、疲れやすいです。 負担が大きい気がすることから、できるだけ動かないような行動をとろうとしてしまうのです。 結果、活動量は痩せている人に比べても減ってしまいますので、消費カロリーは少なくなってしまいます。 そのため、他の人と同じものを食べてり飲んだりしても太ってしまうわけなのです。 職場にエレベータと階段があるのであれば、数階であれば階段を使うなど日常動作を意識してキビキビと身体を動かすようにしてみましょう。


運動習慣を身につけよう

3つめの生活習慣は、一番大切な運動習慣です。ダイエットを含め健康な身体作りには運動習慣は欠かせません。 生活習慣の中に運動習慣を盛り込むようにしましょう。

先程の日常動作とも重なる内容かもしれませんが、実際ダイエットや健康のために運動を行うことは絶対に必要だということはわかっているという人は多いでしょう。 頭では理解していても、仕事が忙しくてそのような時間が取れないという人もいるかもしれません。 ですが、そこで諦める必要はないのです。 ドローインを始め、マシンを使った運動やジョギングやウォーキングなどのような時間のかかるトレーニングでなくとも、仕事をしながらできる「ながらトレーニング」の方法がありますので、そのようなちょっとした運動を仕事の中にでも取り入れてみましょう。 ちょっとした運動を習慣化させることで、お腹は自然と凹んでくるのです。以下の記事ではお腹やせのメソッドをわかりやく解説していますので、紹介しておきます。

【お腹やせメソッド】腹筋を鍛えて、脂肪も燃やせ!ぽっこりお腹ダイエット|コナミメソッドまとめ|コナミスポーツクラブ コナミスポーツクラブが【お腹やせやせのコツ】を動画でまとめてご紹介! 腹筋でお腹周りを支えられるようになれば、このぽっこりは目立たなくなります。コナミスポーツならではのメソッドから、お腹やせに必要な2つのエクササイズ方法をご紹介します。 コナミメソッドまとめ


お腹を凹ますためには3つの習慣をまずは意識しよう

いかがだったでしょうか。お腹を凹ますための3つの習慣をご紹介いたしました。とても簡単なことですが、太ってしまっている方でこの部分が出来ていない方は意外と多いのです。ぜひ今回ご紹介した3つの生活習慣を意識し、改善できるのであればそこからでもスタートさせてみましょう。

新宿区神楽坂パーソナルジムGAINにお任せください。